静岡県版電子カルテシステム
HOME 個人情報保護について お問合せ リンク セカンドオピニオンの促進 電子カルテとは 災害時に役立ちます 標準化の理由 患者様のメリット


2.県内診療所関係の方へ



・静岡県医師会プロジェクト成果利用について
 「静岡県版電子カルテのシステム内容」の診療所サイドの図にあるように、紹介状の出し入れ、電子診療データCDの受け渡しをしていただくと、静岡県版電子カルテ稼動診療所、ということになります。  静岡県医師会のプロジェクトで、既存のレセコン、診療所用電子カルテに上記機能を付加する開発をしました。受注社は以下の6社です。
 三洋電機、富士通、BML、SRL、サンジャパン、パルステック工業
 この内、後三社はORCAベースもあります。電子カルテでなく、ほとんどレセコンのみ、というものもあります。ただし検査結果は、オフラインでもオンラインでも、HL7形式での取り込みが必要でしょう。臨床検査会社もかなりのところがHL7形式対応となっています。

・データCD発行手続きについて
 電子診療データCDについて、その発行の手続きをどのようにされるか、つまり事務レベルで渡すか、主治医のチェックを通すか、といった決定は、各施設にお任せします。「処方内容、検査結果をデータで貰えるということは」にも書いたとおり、お渡しするのは検体検査結果、処方(注射)内容、画像です。診断名、各種報告書などの他のカルテ内容は対象ではありません。診療情報提供書の場合は、CDも紙の紹介状と共に封筒の中に入れてお渡しすることになるでしょう。



Copyright c 2006 Michio Kimura, Department of Medical Informatics, Hamamatu University Hospital. All rights reserved.